母子家庭の助成金の公的制度

シングルマザーを支える公的制度というのは児童扶養手当になりますが、その他にも、利用できる手当ては設けられています。例として、ひとり親の医療費の助成制度では、医療費を部分的に補助してもらえ、役所の年金課で申請すればつかえるようになります。そのうえ、シングルマザーに限ったものとはちがいますが、年金などを払うのが厳しいときは、申し込むことで全部とか半分の額の免除を受けることが可能です。金銭面の負担をへらすためにも受けたい仕組みです。

離婚の話し合いでは慰謝料とか養育費など、さまざまな決定をしていく事が必要ですが、文書にしないですませてしまうとトラブルの元です。例として、慰謝料や養育費請求しないということで納得したときでも記録にしておかないと、この先慰謝料とか養育費を求められるというようなことも出てきます。とりわけ子どもを持つ時では、相手が養育費を払ってくれない時に法的強制執行力をもつ記録にしておけば差し押さえをすることもできます。先々合意したことでトラブルにならないように承認した項目を書類を作成しておく事が大事です。
 

母子家庭助成金
シングルマザーや母子家庭の片親の子供をサポートするのが児童扶養手当と呼ばれる助成金です。所得に応じて金額が決められていて最大で月額4万円程度もらえます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事