壁塗り替えリフォームと外壁修理の業者選び

外壁塗装業者選びで失敗しないためには、取り合えず訪問販売業者は疑ってかかってください。

そして、即決は禁物です。

もしも契約した後に疑問が生じたら、すぐにクーリング(独身の頃は指が細かったのに、結婚してしねらくしたら太って抜けなくなる・・・なんてこともあったりしますね)オフをしてください。

外壁塗装業者さんに依頼するときは "複数の業者から見積を取る"ことが原則と思っましょう。

これによって、見積の金額が分かるのみならず、相場がわかったり、見積書をつうじて業者の違いや業者の特徴が見えてきます。

金額も大事ですが、質の良い業者を頼むことが更に、大事です。複数の業者から見積を取り、相性の良い業者を選ぶことをおススメします。

複数の業者から見積を取るには、外壁塗装の見積一括サイトを利用すると便利です。全国対応のサイトが多く、近くの外壁塗装業者からの見積がもらえるでしょう。

見積が出されたら、料金、耐久性、信頼性などを比較しますが、額面だけでは得か損かわからない事も多いです。たとえ安い料金でも塗料が悪かったばかりに数年で塗りなおすようなら高くつきます。

ちなみに、質の悪い外壁塗装業者は見積もり(あることを行う前にかかる費用や期間などを試算することですね)の内容と実際の作業があっていない事もありますね。

俗に言う"手抜き工事"かといって、それを避ける為に質のよい業者を選ぶようにする必要がありますが、それを見分けるにはどの程度作業内容を丁寧に話してくれるかが1つの診断基準ようです。

口約束はトラブルになりやすく、書面でしっかりやり取りをすることをおススメします。書面でのやり取りをしておくことで、業者側もいい加減な約束ができないのですし、もし、トラブルがあった時解決が早いです。

可能なら、実際にその業者さんが外壁塗の施工したお宅の話が聞けたらいいですよ。腕に自信のある業者さんだったら、業者さんの方から、どこそこの家の外壁塗装をやったと言った事が多いです。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

壁塗り替えリフォームと外壁修理

リフォームを考える際には壁塗り替えも頭に入れておきましょう。内装にばかり気を取られてしまうと外壁の破損が進んで思った以上の外壁補修の料金が発生してきます。

関連記事